「あさりちゃん」が100巻で連載終了。気になる最終回は?


スポンサードリンク


「あさりちゃん」の100巻が発売され、遂にその連載が終了となることがわかった。
実に36年間に渡り連載されてきた長寿作品ということもあり、注目を集めている。
そんな「あさりちゃん」について、最終回の情報も含め、改めて振り返ってみよう。

「あさりちゃん」は、どうのような漫画か。

 

あさりちゃん 1巻 表紙

 

「あさりちゃん」は、小学4年生の主人公・浜野あさりと、
その周りの人々の出来事を描いたギャグ漫画だ。
浜野あさりの、明るい性格が読者に元気を与えてきた。

小学館の『小学二年生』で、36年間に渡り連載されてきた長寿漫画だった。
子供の頃に、多くの人たちに親しまれ、その特徴的なキャラクターを覚えている人は多い。

作者は、室山まゆみ。

「あさりちゃん」の作者は、室山まゆみである。
しかし、これはペンネームで、実は姉妹2人で作品を描いていた。

 

室山まゆみ 姉妹

 

室山眞弓さんと眞里子さん姉妹の二人で、
「室山まゆみ」という一人の作者として漫画を発表していたわけだ。

お二人は、現在、それぞれ58歳と56歳。
20代の前半から「あさりちゃん」を描いているというから、驚きである。

気になる最終回の内容は?

 

あさりちゃん 最終回 100巻

 

さて、「あさりちゃん」は、どのような最終回を迎えたのだろうか。
最終話のタイトルは、「仰げば尊し」
あさりの姉・タタミの卒業を描いたエピソードということだ。
ちなみに、タタミは小学6年生の秀才キャラクターだ。

なるべくいつもと変わらない日常的な内容にしつつも、
感動できる話になっているようだ。
最終巻100巻には、最終話を含む16話が収録されている。

気になる方は、ぜひ自身の目で最終話を読んでみよう。

この記事はいかがでしたでしょうか?

あなたの応援を励みにして明日も頑張って記事を書くことができます!
本日の人気ブログランキング応援クリックありがとうございます<(_ _)>

人気ブログランキング 投票 応援 クリック



スポンサードリンク